仮想通貨の手引き書

仮想通貨を勉強したい全ての人たちへ

【仮想通貨】イーサリアムの特徴と将来性

time 2018/05/18

【仮想通貨】イーサリアムの特徴と将来性

仮想通貨は日本でも大ブームとなっていますが、イーサリアムは人気が高い仮想通貨のひとつです。

時価総額はビットコインに次ぐ2位で、ビットコインよりも送金する場合の手数料が安く決済によく使われています。

ビットコインと同様にブロックチェーン技術を利用している仮想通貨ですが、ビットコインと異なる点もあります。 大きな特徴のひとつがスマートコントラクトです。

スマートコントラクトは、取引の契約を自動的に実行し保存する機能です。

スマートコントラクトを使えば契約内容が自動的に実行され、実行された内容はネットワーク上に保存されます。

ビットコインはブロックチェーン上で取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引をするのと同時に契約の内容も管理できます。

契約の経緯や履歴を保存でき、自動的に信用情報が蓄積されます。

取引の契約内容がブロックチェーンに書き込まれるので、改ざんが難しく信頼性が高いです。 ビットコインもイーサリアムもPoW方式を採用しています。

PoW方式とは仕事量に応じて報酬がもらえるという仕組みです。

イーサリアムは大手の金融機関をはじめとする欧米の大企業が創設メンバーに名を連ねています。

その中には日本の大企業も入っています。 仮想通貨を選ぶ場合、将来性を重視する人は多いです。 イーサリアムは世界のトップ企業が参加しているので将来性が高く、日本でも根強い人気があります。 バージョンアップも段階的に繰り返しています。

最近は仮想通貨を発行して資金の調達を行うICOが大きな注目を集めていますが、新しく発行される仮想通貨の多くがERC20に準じたものになっています。ERC20の仮想通貨を発行していると、様々な利点があります。 ICOは仮想通貨で振込みが行われますが、ETHが指定されることが多いです。

ICOが大きな注目を集めると、それだけイーサリアムの需要も高まります。 現在はPoWを採用していますが、今後はPoSに移行する予定になっています。

両方とも重要なブロックチェーンに関係していますが、PoSの場合は通貨の保有量に応じてコインを発行します。 PoSの場合は、電力の問題を解消しやすくなるというメリットがあります。 チャートを見てみると、2017年の後半から価格を上げています。

その後は下落したものの相変わらず価格の高さを誇っていて人気があります。 スマートコントラクトを活用したプロジェクトは世界各国で進んでいます。

そのひとつがEEAです。 支える企業は大手の金融機関が多いですが、他にも世界的に有名な企業がサポートしています。 世界中にファンがいることもあり、これからも仮想通貨の中では上位に位置すると予測されます。

購入したい場合は、仮想通貨取引所を利用します。 世界には多くの仮想通貨取引所がありますが、信頼できる仮想通貨取引所を利用した方が安心です。

これまでの実績はもちろん、セキュリティやサポート体制を事前に調べてから登録する人が増えています。

down

コメントする




「仮想通貨の手引書」運営者

どねらー

どねらー

仮想通貨大好き、どねらーです。仮想通貨に関する情報をゆるりと発信していきたいと思います。

アーカイブ