仮想通貨の手引き書

仮想通貨を勉強したい全ての人たちへ

意外と知らない仮想通貨の価値が上がる仕組み

time 2018/05/03

意外と知らない仮想通貨の価値が上がる仕組み

仮想通貨の価値が上昇する仕組み

意外と知られていない仮想通貨の価値上昇する仕組みですが、仮想通貨はビットコインを始めとした多くのアルトコインがあり、仮想通貨が欲しい人が居れば居るほど価値上昇する仕組みになっています。

仮想通貨に投資をする金額が多くなると全体の時価総額も上がることになり、仮想通貨全体の価値上昇に繋がります。

欲しい人が居ないと買う人が居なくなる為、価格は下落することになり、価値上昇を見込むことが出来なくなるので注意が必要です。

次に仮想通貨は全体の価値上昇以外にも個別で価値上昇をする仕組みになります。 まず第一に価値が上がる仕組みとしては将来性です。

用途が多いものほど将来性が高くなり欲しいとと考える人が増えてくるので、価値が高くなる傾向になります。

知名度が高い・レバレッジの効くコインは上昇傾向

その他にも重要なものが知名度になります。 知名度が低い仮想通貨は買いたい人が少ないため、価格が上がることを見込むことが出来ませんが、日本に上場している仮想通貨は知名度が高く、日本人にも買いやすいものばかりになるので、価格が上がる仕組みという事が出来るのです。

また他にも仕組みとしてレバレッジを利用して売買することが出来るので、少額でも多くの金額のビットコインやアルトコインを保有することが出来る為、レバレッジが使える物は価値が上昇しやすい傾向です。

ビットコインはほとんどの所でレバレッジをする事ができますが、アルトコインでレバレッジが出来る所は限られているので注意が必要です。 更に運営をしている所がしっかりしているところほど、信頼性が高くなり、価値の上昇を見込むことが出来ます。特にホワイトペーパーやロードマップをしっかりしている所であれば、安心して投資をする事が出来るので価格の上昇に繋がります。

仮想通貨の希少性も価値上昇の一因に

他にも法定通貨と違って、発行されている枚数が少なければ少ないほど希少価値があるので欲しいと考える人が多くなり、投資をされるので価値が上がる様になります。

特に枚数が少なくロックアップされている物はユーザー間でしか手に入れることが出来なくなるので、欲しいと考える人が手に入れる為には多くの投資を行う必要がある為、高騰する原因の一つです。

ロックアップとは「鍵を掛ける」という意味で、その銘柄の大株主等が、「公開後の一定期間、市場で持株を売却しない」旨、公開前に契約を交わす制度です。 公開直後に大株主等が集中的に大量の株式を売却することによる相場のかく乱を防ぐという趣旨があり、会社役員、大株主、ベンチャーキャピタル等、未公開時の投資家が対象とされています。

カブドットコム Q&Aより

発行枚数に上限がない場合は運営がいくらでも作り出すことが出来るので、価値は上がりにくくなりますが、有限の物に関しては発行枚数の上限が決まっている為、欲しくても手に入れる事が出来なくなるので自然と価格が上がることになります。

広告PRによるコインの露出

テレビコマーシャルやインターネットでも大々的に宣伝がされているので、新規参入の数が増えれば増えるほど、市場が活性化する事になり、価格の上昇を見込むことが可能です。

価値を上げるためには多くの方に欲しいと思って投資をして頂く必要があるため、新規参入が増え続けないと簡単に価値をあげることはできません。

新規参入者が増えれば増えるほど、投資をされる金額は多くなるので、ビットコインやアルトコイン等の時価総額の全ての全体の価値を大幅に上げることになります。

down

コメントする




「仮想通貨の手引書」運営者

どねらー

どねらー

仮想通貨大好き、どねらーです。仮想通貨に関する情報をゆるりと発信していきたいと思います。

アーカイブ