仮想通貨の手引き書

仮想通貨を勉強したい全ての人たちへ

仮想通貨(ビットコイン)を購入するメリットとデメリット

time 2018/05/03

仮想通貨(ビットコイン)を購入するメリットとデメリット

世界を変える仮想通貨(ビットコイン)

ブロックチェーンがもたらす恩恵を最大限に受け、世界規模で金融に革命をもたらしたのが仮想通貨であり、今日においては1000種類を超える程の銘柄が存在している上に増え続けているため、正確な数値を理解している方は存在しないほどです。

そうした膨大な数の銘柄の中で雄と言えるのがビットコインであり、トップに君臨しているが故の他には無いメリットがあります。

分散型台帳技術を駆使し、国境を越え、改竄不可能な極めて高いセキュリティを有し、中央集権の概念を破壊し「民主的な通貨」と呼ばれるビットコインは私たちの生活を大きく変貌させる可能性を秘めています。

ただし、デメリットと呼べる面も存在する事から購入する際には各々の実情を正しく理解した上で取り扱いする事が重要です。

仮想通貨のメリットデメリット

ビットコインがこれほどまで影響力を持ったのは個人間での送金が簡単になった点が大きく影響しており、従来のように銀行を介する必要性が無いからこそ高額な仲介手数料を支払わずに済みますし、気になるタイムラグも無く相手方に送金する事ができます。

特に、海外に旅行や出張に出かける機会が多い方にとっては、毎回各国の法定通貨に両替しなければならないという手間がかかりますが、仮想通貨の場合は銀行のような中央管理が無いため、法定通貨という概念に振り回される事無く世界で共通した通貨として使用可能です。

そうしたように世界共通の通貨として使用する方法の他に、仮想通貨は投資の対象として扱う事もできるのですが、投資の対象で見た時にも仮想通貨はメリットがあります。

それは取引可能な時間が関係しており、一般的な株式やFXは土日の取引が行われていないため、平日は仕事をしている会社員などとの相性が悪いのですが、ビットコインは土日祝日に関わらず24時間365日休まず取引を受け付けているので、夜に帰宅した後や休日にゆっくりと取引が行えます。

そして、世界共通の貨幣価値という実情を理解した場合多くの方が既存のクレジットカードの仕組みに照らし合わせて考える傾向にありますが、クレジットカードとは異なるポイントとして個人情報が漏れないという事が挙げられます。

クレジットカードは中央集権化されたネットワークで管理されているので情報流出による不正使用の恐れがありますが、ビットコインはブロックチェーンにより各コンピュータが繋がり合い各々がメインとなり存在しているので、不正があってもすぐに正しい情報に書き換えられるので不正使用の恐れはありません。

このようにメリットが多く将来性が高い仮想通貨は、現実世界における環境整備が追いついていないのが現状であり、ビットコインを利用してお買い物ができる実店舗が極めて少ないというデメリットがあります。

日本国内においては大手家電量販店やメガネ店などしか対応しておらず、日常生活において高い頻度で利用するスーパーマーケットやコンビニは未対応です。

また、早い時期からビットコインに目を付けて投資していた方は仮想通貨としては高額な資産を有している事例が多いものの、今後相続という形で本人以外が受け継ぐ事になった際法定通貨とは異なり相続できないというデメリットも存在しています。

他にも取引所の閉鎖により資産を失うといったデメリットもあるので、メリットとデメリットを常に意識しながら向き合う事が大切です。

 

仮想通貨を購入するためには取引所で購入する必要がありますが、国内の取引所がおすすめです。

COINSNEWSさんの仮想通貨初心者にオススメな安心安全な仮想通貨取引所6選(国内)に国内の安心安全に利用できる仮想通貨取引所が紹介されているので参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後に

仮想通貨はこれまでの規定の通貨と比べるとまだまだ進化途中の通貨です。

技術自体は極めて優れているものの、それを扱う人間や法整備がまだまだ追いついていません。

今後、仮想通貨を正しく利用するためにも正しい知識を身に着けて自分の責任範囲で仮想通貨を購入しましょう。

down

コメントする




「仮想通貨の手引書」運営者

どねらー

どねらー

仮想通貨大好き、どねらーです。仮想通貨に関する情報をゆるりと発信していきたいと思います。

アーカイブ