仮想通貨の手引き書

仮想通貨を勉強したい全ての人たちへ

仮想通貨って何?ブームに乗り遅れた人のための解説

time 2018/05/02

仮想通貨って何?ブームに乗り遅れた人のための解説

仮想通貨とは

仮想通貨とは、一般的な通貨のようにどこかの国による保証を受けていないことが大きな特徴です。

デジタル通貨や暗号通貨などと呼ばれることもあり、インターネットを利用できる環境があればどこからでも取引することができます。

仮想通貨の特徴についてこれまでの既存貨幣と比較しながら解説していきましょう。

仮想通貨は無形

一般的な効果とのお金との違いを解説すると、紙幣や硬貨などのような実際に目にできるような形がありません。電子マネーやポイントなどにも似ている点がありますが、これらとも大きな違いがあります。

電子マネーなどは、商品を購入する時に便利に使えることがメリットです。購入した商品のお釣りなどの受け渡しや、細かい金額分まで用意しる必要がありません。

個人で商品を購入する場合には便利な電子マネーですが、利用している人との間では取引することができません。商品を購入する時の決済に使うことができても、保持している電子マネーを他の人に送ることが大きな違いです。

仮想通貨は利用者同士の受け渡しも可能

仮想通貨は電子マネーとは異なり、利用している人との間で自由に取引することができます。商品の決済に利用するだけではなく、仮想通貨そのものを他の人に送ることが可能です。

すなわちこれまでの貨幣とは異なり非常に流動性が高いのが特徴です。

仮想通貨は国境を超える

通常の通貨とは違い、仮想通貨には国境がないことも大きな特徴になります。一般的な通貨は、国交が断絶していまうと取引することがほとんどできません。

お金を送金しようと考えても送ることができないため、仕事や生活などに支障をきたしてしまいます。仮想通貨には国境などがないため、戦争などが始まり国交が断絶しても利用することが可能です。

政情不安なのに左右されないことも、メリットの一つになります。一般的な通貨との違いは、どこの国ででも使うことができることです。

送金手数料が圧倒的に低い

国ごと発行されている通貨では、そのままでは他の国へ送金することができません。別の国へ送金する場合、銀行を通して手続きをしていきます。

送る国の通貨にするため、手数料や為替レートが必要です。送金するまでの日数も必要で、約6日程度の時間がかかってしまいます。一般的な通貨との違いは、送金するために必要な手数料がほとんどかかりません。

ほとんど手数料がかからない上に、送金するために必要な日数も僅かです。一般的な通貨では送金するために日数がかかりますが、仮想通貨では受け取る人が確認できればすぐに利用することができます。

自宅にあるパソコンなどから取引することができるため、銀行などへ行く手間などもかかりません。一般的な通貨との違いは、氏名などを明かさずに匿名のまま送金などをすることが可能です。

発行枚数のコントロールができない

一般的な通貨は法定通貨と呼び、目の前にある紙幣などを利用して取引などをしています。その国の政府が発行しているもののみが法定通貨と呼ばれるのが特徴です。

法定通貨の場合は、発行する量を政府などがコントロールすることができます。景気の変動などを見ながら発行数を変えることができますが、仮想通貨はプログラムによって決められた増え方しかできません。

国などによって発行枚数を変更できないことも、大きな特徴の一つになります。

down

コメントする




「仮想通貨の手引書」運営者

どねらー

どねらー

仮想通貨大好き、どねらーです。仮想通貨に関する情報をゆるりと発信していきたいと思います。

アーカイブ