仮想通貨の手引き書

仮想通貨を勉強したい全ての人たちへ

草コインって何?ビットコインと何が違うの?

time 2018/05/15

草コインって何?ビットコインと何が違うの?

仮想通貨は大きく分けて4種類

“仮想通貨は大きく分けて4種類に分けることができ、ビットコイン・アルトコイン・草コイン・詐欺コインと呼ばれています。

アルトコインとはビットコインの代替通貨という意味で、知名度が高くてある程度の値段で取引されています。

これに対して草コインはビットコインやアルトコインと違い知名度が低くて価格が安く(1枚あたり100円以下)、新しい通貨であることが多いという特徴があります。

草コインと呼ばれる仮想通貨は海外の取引所を利用すればビットコインやアルトコインと交換することが可能で、既に一定の価値が認められています。

数倍〜数百倍の値が付く草コインも

それでも将来に普及して、アルトコインのように高い価値が認められるかどうかは不明です。一部のコインは短期間で価値が認められるようになり、数倍~数百倍にも値上がりするようになるケースもあります。

中にはリリースされてから1年で1万倍以上に値上がりしたケースもあるほどです。ただし知名度が高くなって値上がりするようになった通貨はほんの一部で、大半のコインは非常に低い価格で低迷を続けるか値下がりして無価値になってしまいます。

このように知名度が低い仮想通貨は価格が安いので大量に購入して投資することができますが、将来に値上がりするかどうかは誰にも分からないので非常に投機的でリスクが高い投資と言えます。

草コインはどこで購入できるのか

日本国内の取引所・販売所ではビットコインとアルトコインしか取り扱われていないので、これら以外の知名度の低い仮想通貨(草コイン)に投資をするためには海外の取引所を利用して売買取引をしなければなりません

草コインの投資方法ですが、最初に日本国内と海外の両方の取引所の口座を開設しておく必要があります。

次に国内の取引所で日本円でビットコインまたはアルトコインを購入しておき、海外の取引所のアカウントに送金(入金)します。

オススメの国内取引所はCOINSNEWSさんの【国内取引所】仮想通貨(ビットコイン)やるならまずは絶対登録するべき取引所TOP5という記事が良くまとまっているので、こちらを参照して取引所を開設するのが良いでしょう。

海外の取引所を利用して日本国内の取引所では扱われていないような、知名度の低い通貨を購入します。もしも購入した草コインが値上がりしたら、ビットコインや日本国内の取引所で換金することができるような通貨と交換することで利益を得る事ができます。

ただし海外の取引所は日本のように国の機関が管理・監督を行っている訳ではなく、経営が破綻したり出金ができなくなるようなトラブルが発生するリスクが高いので注意が必要です。

もし海外取引所を利用するのであれば、手数料が安く日本語対応しているBINANCE(バイナンス)がオススメです。

国内取引所と同様にCOINSNEWSさんの記事が良くまとまっているので参照されると良いかと。→【日本語対応】手数料激安のおすすめ海外取引所BINANCE(バイナンス)

草コイン購入にあたっては注意が必要

日本の取引所で取り扱われていない種類の仮想通貨に投資をすることはコイン自体の価値が値下がりしてしまう事に加えて、取引所が閉鎖されてしまう危険性もあるのでリスクが高い投資と言えます。

その代わりに安い価格で大量に購入した仮想通貨が値上がりすれば、非常に大きな利益を得る事ができます

草コインの中で値上がりするのはほんの僅かなので、投資をする場合には多くの種類のコインを購入しておく必要があります。

この理由は購入したコインの大半が値下がりして損をしたとしても、どれか1種類でも急騰すれば非常に大きな利益を得ることができるからです。

down

コメントする




「仮想通貨の手引書」運営者

どねらー

どねらー

仮想通貨大好き、どねらーです。仮想通貨に関する情報をゆるりと発信していきたいと思います。

アーカイブ